ケアプラン

このようなお悩みをお持ちのご家族へ、何でもお気軽にご相談ください。
やすらぎのケアマネージャー(介護支援専門員)が、
ご本人やご家族の希望を踏まえ、最適な介護プランをご提案いたします。

介護に関する事はなんでもご相談下さい!

突然、家族の誰かに介護が必要になると、大抵何をどうすればいいのかわからなくなってしまうものです。 ケアプランセンターでは、専門的な知識を備えたケアマネージャー(介護支援専門員)が介護に関するご相談・要介護認定申請の代行を承ります。 認定後は、ご本人やご家族の意向をもとに最適なケアプラン(介護サービス計画)を作成いたします。

ご利用者さまが可能な限り、居宅においてその方の能力に応じて日常生活が営むことができるよう援助いたします。介護サービス計画作成には、皆様の負担はありません。介護保険制度に関して総合的なご相談もお気軽にお尋ねください。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、「介護に関する専門家」のことです。 専門的な知識をもって最適なサービスを提案し、支援。介護のご相談はもちろん、各種介護申請・保険の手続き代行、居宅サービス計画の策定など、介護におけるスペシャリストとしてサポートいたします。

やすらぎのケアマネージャーご紹介

高橋 良

十川 紋子

ケアプランよくあるご質問

ケアプランとは?

ケアプランとは、要介護者等の心身の状況や生活環境、利用者及び家族の希望等を勘案し、どのようなサービスをどのくらい利用するのかを決めた計画のことです。

要介護認定を受けた後はどうすればいいですか?

要支援1・2の認定を受けた方で、介護予防サービスを希望される方は、 熟年相談室(地域包括支援センター) に連絡し、介護予防サービス計画【ケアプラン】作成の依頼をしてください。
要介護1~5の認定を受けた方で在宅での介護サービスを希望される方は、居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)に連絡し、居宅サービス計画【ケアプラン】の作成を依頼してください。
居宅介護支援事業者が決まっていない方、あるいはサービスについて相談したい方は 熟年相談室(地域包括支援センター) へご相談ください。
また、居宅介護支援事業者は 介護事業者情報検索システム からも検索することができます。
※介護保険施設に入所する場合は、施設に直接入所申し込みをします。

どのようにケアプランを作りますか?

居宅(介護予防)サービス計画【ケアプラン】を作成することについて居宅介護支援事業者もしくは 熟年相談室(地域包括支援センター) と契約をします。
その後、担当のケアマネジャーが本人や家族と話し合いながら、ケアプランを作成します。ケアプラン作成に伴う、サービス提供事業者や介護保険施設等との連絡調整等はケアマネジャーが行います。なお、ケアプラン作成にかかる費用は、全額介護保険から給付となり、自己負担はありません。

pageup